前へ
次へ

就職祝いのお返しは感謝の言葉を

4月、学校を卒業し就職をして一人の大人、社会人としての一歩を踏み出します。成長を見守ってきた親や親戚からするととても感慨深い瞬間です。そうした成長に親や親戚は就職祝いを送ってくれることがあります。その時、社会人になったのだからお返しをしなければならないのではないか、と思うものです。しかし、社会人になってもすぐにお給料を貰えるわけではありませんし、就職先が地元から遠かったりすると一人暮らしに加え、暫くは仕事も新しく覚えることばかりで時間をとるのがなかなか難しいです。ですので就職祝いのお返しは基本的には電話や手紙等で相手に感謝の気持ちを伝えるだけで十分です。しかし、親や特にお世話になった方には初任給や初ボーナスでお返しを送ることもあります。

Page Top