前へ
次へ

就職祝い金のマナーとは

就職祝い金を贈る場合にも、マナーがあります。その一つがのし袋の形式です。就職は結婚とは異なり、一生のうちなんどあっても喜ばしいことと考えられています。そのため、のし袋の結び目は蝶結びを用いることがマナーです。また、使用する袋は、金額に応じて選ぶことが必要です。あまり立派な封筒に少額を入れてしまうと、受け取った相手に過度の期待を抱かせてしまうことになりますので注意が必要です。就職祝い金を渡す時期としては、就職が決まったらなるべく早くわたすことが大切とされてきました。けれども、昨今の就職事情をみると内定が決まった後に取り消される事例もあるため、状況をみながら入社式の1か月前までを目安に渡すと良いでしょう。

Page Top