前へ
次へ

七五三の内祝いとはどんなものか

日本の年中行事の一つとして、七五三があります。わが子が、七歳、五歳、三歳になったことをお祝いするものです。そのお祝いの記念として、親しい人に贈り物をすることを本来は内祝いといいます。お祝いのお金や品物を頂いた方へのお返しともなりますが、本来、子供のお祝い事へのお返しは不要となっていますので、お祝いへのお返しというよりも、幸せのお裾分けをすると考えると、気持ちも楽になると思います。実際の七五三の内祝いとしてよく利用されているのは、千歳あめやお赤飯です。併せて、頂いたお祝い金額の1/3程度の実用品を贈ります。その際の水引は、白赤の蝶結び、表書きは「内祝」とし、下段にいは子供の名前を入れます。両親や近い親戚には、品物とともに、子供の写真を一緒に贈ると喜んでいただけます。

Page Top