前へ
次へ

七五三内祝いのマナー

七五三で内祝いをするときのマナーを説明します。まず、内祝いとは御祝の品を貰った時のお返しのことだと思われていますが、本来の内祝いとは、自分の家での祝い事の記念の品を渡すことなどをいいます。また、七五三などの子供の御祝に関しては原則お返しは不要ですが、御礼状は出します。原則不要ですが、礼儀などを重んじてお返しをする場合があります。そのような場合には実用品や赤飯などを贈ります。また、七五三の内祝いギフトなども限定的に販売されたりしています。その中でも人気なのは、名前入りのものや写真入りの物です。名前入りのお菓子や可愛いフォトフレームに写真を入れて、お菓子と一緒に渡したり、写真入りラベルの茶葉やお酒などがあります。

Page Top