前へ
次へ

七五三の内祝いのマナーについて調べる

自分の子供の七五三に対して親戚からお祝いをいただいた場合は、基本的にはお返しは必要ないとされています。しかし、地域やその親戚の間での慣習によっては、内祝いをする必要があったり、お祝いの金額が世間一般の相場よりも多い場合は、品物等でお返しをしたほうがよいです。お返しの金額は、頂いた祝いの3分の1から半額程度にします。品物の内容は、昔なら千歳飴や縁起のよい赤飯を贈りました。現在は、タオルや日持ちするお菓子の詰め合わせなどが一般的です。人気があるのが、自分の好きなものを選ぶことができるカタログギフトです。内祝いを贈るときには、熨斗は紅白蝶結びの水切りを使います。表書きは「内祝い」として、下段には子供の名前を記します。お返しを贈る時期は、お祝いをもらってから遅くとも1か月以内にするのがマナーとされています。

Page Top